医療法人社団 聖智会 熊田歯科医院

Maternity-Dentistry

マタニティ歯科~妊婦さんなどの歯のケア

妊婦さんを対象としたケアが中心となります

「マタニティ歯科」とは、妊婦さんと産まれる前のお子さんを対象にした予防を中心として、できる範囲での治療も行うことです。妊婦の患者様は、
赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなるかも
虫歯があるみたいだけど治療ができない
食生活が変わった
など、お口の中で困っていることも、あるのではないでしょうか?
歯やお口の中のトラブルに関して、このようなことを原因として思われがちですが、実は妊娠や授乳が直接の原因ではなく、「『つわり』で歯磨きが十分にできない」「間食が増えて歯が汚れがちになる」、など妊娠期特有の生活習慣が要因と考えられています。

マタニティ歯科では、生活習慣の改善とともに、妊娠中などでは使えないお薬があるなど、治療の制限はありますが、妊婦さんの時期と種類アレルギーを確認しながら合わせた治療を考えて実践していきます。

医院としても、患者様がリラックスしながら、気持ちよく治療が受けられるように心がけていまきす。なお、麻酔は基本的に局所で分解されますので、問題が無いことがほとんどです。ご安心して治療をお受けください。


妊娠中に考えられる歯や治療の注意事項は?

 妊娠性歯肉炎場合
女性が妊娠すると、体内に女性ホルモンが多く分泌されるために、「歯ぐきが腫れやすくなる」「歯肉から出血しやすくなる」などの症状が出ることが多くなります。比較的軽い症状の方ですと、「丁寧にブラッシングをすること」で治ります。


 虫歯になりやすくなる傾向
妊娠すると、唾液の粘度が高くなりやすく、また「つわり」などが原因で、いつも通りの食生活ができずに間食が増えるなどの傾向があります。口の中を清潔に保つことが難しくなり、結果として細菌が増えて虫歯のリスクが高まります。


 歯周病や、その他の要因が胎児に与える影響
母体が比較的高い度数の歯周病にかかっていることで、「低体重児」や「早産」の可能性が高くなるといわれています。また、喫煙やアルコール摂取も胎児に影響を及ぼすといわれています。


妊娠中治療の最適時期は?

安定期の3~8ヶ月の間がベストといわれています。この時期は、患者様にとっても精神的・身体的に安定している時期です。できる限り、この時期のうちに歯の治療を終わらせるように計画を立てていきます。

なお、妊娠初期は重要臓器が形成される時期ですのでこの時期は基本的に応急処置で止めておきますし、妊娠後期は出産が控えるため、身体的にきついですので、無理にならない程度までの治療で止めておきます。


 妊娠中のレントゲン撮影は?
医院でもよく患者様から質問されるのが、レントゲン撮影時の放射線被曝ですが、心配ありません。次のように留意して安全に撮影しています。

 防護エプロンを着用して腹部を遮蔽しています
 歯科ですから、放射線を腹部に照射しません(口の周辺に直接照射しています)
 デジタル式のCTのため、放射線量も従来に比べて1/5程度と少ないです

それよりも、防護エプロンが鉛入りで重いことや、「つわり」が酷く、小さいレントゲンフィルムをお口に入れるのが難しい時があります。無理だと思われましたら、気軽にお声をかけてください。対応策を考えていきます。


 産まれてくるお子様のため、マイナス1歳からの虫歯予防を!
マタニティ歯科では、妊婦さんだけでなく、授乳中の方お腹の中で育っているお子さんも対象としています。


 お子さんのために、口腔内環境を守りましょう!
生まれたての赤ちゃんのお口の中に虫歯の菌はいません。そして、乳歯の形成は胎生期 7 週目から始まります。ですので、乳幼児の健康な口腔を確保するためには「マイナス1歳」からの良好な口腔内環境が必要になります。
赤ちゃんの虫歯は1歳7カ月~2歳7カ月くらいをピークに、周りの大人の口から感染します。つまり、周りの虫歯菌をできるだけ減らしておけば、お子様の感染年齢を遅らせて予防に繋がります。


 お母さんの口腔内健康も、しっかりと守りましょう!
妊娠初期には「つわり」「体調がすぐれない」ことが多くなり、歯がうまく磨けないこともあります。すると虫歯や歯周病が発症しやすくなるため、医院で検診を受けることが、早期発見・早期治療に役立ちます。そして、予防をすることで健康な口腔内状態を保てます。

妊娠中に「妊娠性エプーリス」と呼ばれる歯肉の腫脹が現れることがあります。これがあると「歯磨きは痛くてできない」「歯周病に移行しやすい」などが起きてしまいます。当院では、レーザーなどで患部を切除し、口腔内を清潔に保てるようにします。


妊娠中の麻酔や処方箋(お薬)について

歯科医院で使用する麻酔薬は、局所麻酔薬で、胎児への影響はほぼ無いので安心してください。ただし、「麻酔は絶対に避けたい!」という患者様も多いので、ご心配な場合は、気軽に相談してください。

また、医院で処方するお薬の中には抗生物質もあり、妊婦のときは避けたいものもあります。医院では患者様が妊娠中ということも考慮したうえで、身体に影響のないお薬だけを処方しますので、ご安心ください。

電話予約  ネット予約

Copyright (C) Kumada Dental Clinic. All Rights Reserved.
ページトップへ戻る